一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
夕刊一面に、発達障害についての記事が。
http://www.asahi.com/kansai/news/OSK200607010017.html
 
 
ソーシャル・ストーリー・ブック―書き方と文例
「ソーシャル・ストーリー・ブック―書き方と文例」
キャロル グレイ, Carol Gray, 服巻 智子, 大阪自閉症研究会

関係者必読で御座います。
 
| 発達障害・不登校・フリーター・ニート | 00:00 | comments(0) | -

【大阪精神科診療所協会講演会】

軽度発達障害の子どもに本当に必要な支援とは何か?
子どもの視線で考える


日 時:平成18年2月7日(火)   午後2時〜5時
場 所:大阪府医師会館(天王寺区)
http://www.osaka.med.or.jp/oma/oma_hall.html
参加費:無 料
対 象:大阪府下の公立学校教職員(スクールカウンセラーを含む)、学校医
日本精神神経科診療所協会会員等

児童精神科医・大正大学教授の滝川一廣先生
精神科医・大久保クリニック大久保圭策先生企画。

まだ若干、定員に空きがあるようです。
先着500名まで、ということで、参加希望の方はお急ぎを。
申し込み希望の方は、申し込み用紙をメールでお送りしますので
右上“プロフィール”に載っている私のアドレスにご連絡を。

あるいは大阪精神科診療所協会事務局 
TEL 06-6471-7185 FAX 06-6471-7190 e-mail diseisin@x.age.ne.jp 
までお問い合わせを!  


続きを読む >>
| 発達障害・不登校・フリーター・ニート | 17:00 | comments(0) | trackbacks(0)
7時半起床。
アルバイト。
援助の必要な人たちの居場所、
学びとステップアップの場所を提供する
NPOを手伝ってます。
今日は他のNPO関係の方が4人、見学に来はる。
若い方やリタイヤされた方も。
「非営利で働くとは」を学ばれている方々らしく
熱心に話されて帰りました。
新しい風が吹き込んだようで
コチラとしてはとっても刺激に。

****************

午後から
大阪府私学教育文化会館での
大阪府私立中・高等学校カウンセリング研究会に、参加。
ボランティアとしてかかわっている学校繋がりで、参加。
二回目なのに
駅から三分くらいなのに
詳しい地図を持っているのに
道に迷う。治らないこの方向音痴(どころの話ではない)
自分で驚く。びっくり

「子どもとこころと学校の現在」を表題に、
大久保クリニックの大久保圭策先生の講演。

以前、シンポジウムでお話を伺って以来
ファンです。
以下、メモ。
濃かった。

****************

あ、告知っぽいことを。

来年2月初旬に大久保先生・大正大学の滝川先生(精神医学)のお二方が
発達障害の支援を考えるシンポジウムを開催するらしいです。
当事者お二人を招いて
「子どもの頃どのような支援が必要だったか」を
子どもの目線から探ることをテーマに。
詳しくは大阪府教育委員会までお問い合わせを、とのこと。
続きを読む >>
| 発達障害・不登校・フリーター・ニート | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0)

11月28日 行って参りました。
卒論・そして今後のために。
なんだか
大御所な方々が近くに居すぎて
なぜだか
緊張。


T・ジャンテ氏招聘フォーラムin大阪

21世紀の社会的経済を展望するために
 〜連帯する社会的企業をつくりだす〜
 @エル・おおさか


司会  植野加世さん(NPO法人 共同連)
挨拶  柏井宏行さん(市民セクター政策機構)

■第1部■実践者によるディスカッション

 「日本における社会的企業の実践とその課題を探る」
    
    津田直則さん(桃山学院大学経済学部 教授)
    藤井絢子さん(滋賀県環境生協 理事長)
    齋藤縣三さん(NPO法人 共同連 事務局長)
    山田 實さん(NPO法人 釜ヶ崎支援機構 理事長)
    法橋 聡さん(近畿労働金庫 地域共生推進センター長)

■第2部■T・ジャンテ氏 講演

 「勃興する社会的企業と社会的経済の発展」
 
| 発達障害・不登校・フリーター・ニート | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0)

知的障害のある人の「支援と関係性」を考える
EPO連続講座1@大阪市立東淀川勤労者センター
 
 
■第一部 講演 「自閉症裁判」をめぐって 
  佐藤幹夫氏 フリージャーナリスト
 ■休憩 BGMギターライブ演奏
  布施和夫さん
 ■第二部 EPOトークの場
  佐藤幹夫氏 フリージャーナリスト
  楠 敏雄氏 大阪障害者自立生活協会・EPO
  糸原栄子氏 パーソナルひらかた・EPO 
  杉本 章氏 EPO
 
主催:障害者と支援者をつなぐエンパワメント・プランニング協会(EPO)
共催:大阪府福祉協会
後援:大阪知的障害者育成会

 精神科医の卵、F君と共に。
 お話には「自閉症裁判」には書かれなかったことやエピソードも。
 布施さんのギターと歌も、聴けてよかった。
 私はライブのため京都へ行くので、途中で退散。
 F君、レポートありがとう。 

 
| 発達障害・不登校・フリーター・ニート | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0)

「フリーター・ニートを考える」
−親のため・子のための元気社会をつくるー

2005年11月12日(土) 朝日生命ホール(大阪市)

主催 京都産業大学・朝日新聞大阪本社

プログラム

1部 講演
「現代若者事情」 
玄田 有史氏(東京大学社会科学研究所 助教授)

2部 パネルディスカッション
「家庭・地域・教育現場の連携によるキャリア教育」
小杉 礼子氏(独立行政法人 労働政策研究・研修機構 副統括研究員)
高橋 淳敏氏(NPO法人ニュースタート事務局関西 訪問担当)
森山 裕輔氏(株 ふわふわスペース研究所 代表取締役)
鬼塚 哲郎氏(京都産業大学 文化学部 助教授)
吉田 裕之氏(京都産業大学 キャリア教育研究開発センター長 経営学部 教授)

3部 特別講演
「親のため・子のための人材教育」 
河合隼雄氏(臨床心理学者・文化庁長官)

若者の就労意識についての卒論を書く予定の友達とともに
行ってきました。
 
『フリーター・ニート、これらの問題を解決に導くひとつにキャリア支援教育の充実が期待されていますが、これは教育現場だけで解決できる問題ではありません。また、「親の役割」に関連して、家庭で培われる職業観・就業観の醸成が以前ほど機能しなくなったとも言われています。家庭・地域・教育現場を始め、社会全体の連携のあり方にも多くの原因や課題があります。
シンポジウムでは、家庭・地域・学校など、それぞれの視点からフリーター・ニート問題を捉え、活力ある元気社会を目指したディスカッションを行います。』とのことで。


聞き手はお父さんお母さん世代より上の方が多かったような。
自分のことを言い当てられているような話もあり
「ん?」と感じる話もありつつ
河合隼雄さんの話術に驚嘆。笑


20日の朝日新聞に記事が掲載されるようです。
| 発達障害・不登校・フリーター・ニート | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0)

朝からバイト。

みんなが撮りためた映像をみんなで鑑賞。
相変わらずなにもできていない気もする。
私は、いるだけでいいオーラを出せる人でもないしな。

「人と人とは合わせ鏡のような関係で反射し合ってしまう、
 だから光をこちら側から…」という先生がいた。
その方は笑顔の輝く素敵な方。
相手のいい所をすばやくキャッチして、的確に伝える。

もうちょっとできることを増やそう。

****************

昼過ぎから
大阪府自閉症・発達障害支援センター、アクトおおさかによる
「青年・成人期 自閉症アセスメント入門講座」へ。

今回は
「自閉症の支援とAAPEP(青年期・成人期自閉症教育診断検査)概論」。
自閉症の基本知識とAAPEP、評価や特性とは何か、について
説明を受ける。

自閉症/自閉性障害とは…
・中枢神経の障害によって起こる発達障害
・脳における情報の処理過程に違いがある
  心の病気ではありません。

社会性、コミュニケーション、想像力につまづきがあるという
三つ組みの障害。
それに付け加えて
感覚の異常、アンバランスさ(非常に過敏/鈍感)が
行動や思考に影響を及ぼしていることも。

見た目にはわかりにくい、それが難しい。
「わからなさ」に本人が一番苦しんでいる可能性。

まずはまずはその人の認知の仕方や感覚をちょっとでも知る事。
パニックを予防しつつ
生活するために、自分で判断して行動するのを助ける。
そのためのアセスメント法の一つがAAPEP。
今日はその概論。

「障害」や「病気」の言葉の概念とはなんだろうか…と
友達と話す。
いまもし、社会構造がこうでなかったら
そういう呼称で呼ばれ、扱われる事も無かった可能性も
あるんだよな、と。

自分にできることとはなんでしょうか。

****************

夜はカウンセリング講座。「心理アセスメント供
性格テスト、投影法の一種、風景構成法について。

知らなかった事を沢山知った一日!
| 発達障害・不登校・フリーター・ニート | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0)

ひきこもりと呼ばれる方々に対する支援をする
NPOでバイトさせてもらっています。

私が日ごろ接する
部屋から脱出してきた
“半ひきこもり”“脱ひきこもり”の彼等は
平和主義者で、人のことを非難したりしない。
やさしくて、争いを好まない。
彼等がそれぞれ何かを
<自分のペース>で進められる状況が沢山あればな。何度失敗しても練習できる場を作れればな。

*********

バイトする。
バトミントンする。
自転車で20分くらい走る(快晴!)気持ち良し。
本屋で発達障害・自閉症関連の本を読み漁る。
カウンセリングのお勉強をする。
眠い。

| 発達障害・不登校・フリーター・ニート | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0)

YMCAにてボランティア。
今日はやんちゃ盛りな小学校六年生達と
楽器作り&替え歌作り。
彼らは「発達障害」と呼ばれる子どもたち。

しっかりじっくり向き合うと
子どもの良いところがじわりと浮かんでくる。
子どもってすげぇー
と、思う。

夕方からバイト。
終電で帰る。
| 発達障害・不登校・フリーター・ニート | 00:58 | comments(0) | trackbacks(0)

高槻市にある大阪府自閉症・発達障害支援センター
アクトおおさか、訪問。
説明を聞きに行く。


学習支援にしろ、就労支援にしろ、
取り組むべき課題が山積み。
だけどいろんな機関と繋がって
できることを増やしていかねば。
| 発達障害・不登校・フリーター・ニート | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0)
PROFILE
RECOMMEND
RECOMMEND
grooblue
grooblue (JUGEMレビュー »)
SUPER BUTTER DOG,?,,ĵ
RECOMMEND
RECOMMEND
東京
東京 (JUGEMレビュー »)
サニーデイ・サービス
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LIFE STRIPE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM