<< きみとならば あいのことーばー | main | 【こなた】 アナログ人間 2006 神戸公演 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
  「原発に適用される法的濃度限度の770倍
  (最大を記録した7月8日の場合)
  1日で原発2年分を上回る核廃液が
  すでに海に放出されているわけだ。

  本格運転になれば、これが2700倍にもなるという。
  太平洋岸に2700機の原発を並べたようなもの。
  しかし、再処理施設の核廃液には法規制がない
  (あったら、運転不可能だから)」
  サヨコオトナラ・じゃがたら Otoさんの日記から拝借。
  (いつもありがとうございます)
  『六ヶ所再処理工場 7・8月の放射能海洋放出』 記事
  若干吐き気をもよおしました


「ストップロッカショ」 の洒落た動きと
「美浜の会」 の 事故日誌 は知っておいて損は無いかと。
知らない間に命が短くなっているのは嫌やねぇ?
どうしたらいいかまだわかりませんが、
何が起こっているか知ることからはじめることにいたしました。

再処理工場の放射能による海産物、農産物汚染に関するアンケート
および、背景・問題の概要 は、以下へ。
http://www.slowbusiness.org/article.php?story=20060318141111871  



てんつくマン殿 の日記から、
以下、 スロービジネススクール ナマケモノ倶楽部
中村隆市さん のメッセージを、拝借。

* † *:;;;:* † *:;;;:* † *:;;;:* † *:;;;:* † *:;;;:* † *

今年3月に青森県六ヶ所村の核燃料再処理工場が
放射能を、空と海に捨て始めました。
来年の夏からは、さらに大量の放射能を捨て始めるとも聞きました。

これまでは原発で事故が起こっても
「放射能の漏れはありません」
という報道にホッとしていました。
だけど、再処理工場からは
日常的に放射能が排出されています。

大気中には、高さ150メートルの排気口から
ガス状の放射能が排出され
海には、沖合い3キロ・深さ44メートルの放出口から
放射能廃液が捨てられます。

2007年、夏に再処理工場が本格稼動をはじめた場合
大気中には「クリプトン85」という放射能が
チェリノブイリ原発事故で放出された量の10倍も放出され
これによって年間100人以上が
癌で亡くなると推測されています。

海にはトリチウムやヨウ素などの放射能が
二日に一回、600トンも放出されます。
200キロのドラム缶に換算すると
1回に「3000本」、月に「4万5千本」
年間では「54万本」にもなります。

その結果、魚がトリチウムによって
1年間で300ベクトル汚染されると、「青森県」が認めています。

チェルノブイリ原発事故のあとに
放射能汚染食品が大量に輸入されるようになった時
国がこれ以上、放射能で汚染されたものは輸入しないと
決めた数値が370ベクトルでした…(後略)

* † *:;;;:* † *:;;;:* † *:;;;:* † *:;;;:* † *:;;;:* † *

いま頑張って生きとるチビッコや
これから生まれてくるであろう子どもたちに
「こんなんやったら、生まれてこんかったらよかったなぁ」と
思って欲しくない、ただ、それだけです
| エコ・社会・放射能 | 15:00 | comments(0) | -
| - | 15:00 | - | -
COMMENT
PROFILE
RECOMMEND
RECOMMEND
grooblue
grooblue (JUGEMレビュー »)
SUPER BUTTER DOG,?,,ĵ
RECOMMEND
RECOMMEND
東京
東京 (JUGEMレビュー »)
サニーデイ・サービス
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LIFE STRIPE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM