<< 大学生って感じ | main | 壊れかけのiPod >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
7時半起床。
アルバイト。
援助の必要な人たちの居場所、
学びとステップアップの場所を提供する
NPOを手伝ってます。
今日は他のNPO関係の方が4人、見学に来はる。
若い方やリタイヤされた方も。
「非営利で働くとは」を学ばれている方々らしく
熱心に話されて帰りました。
新しい風が吹き込んだようで
コチラとしてはとっても刺激に。

****************

午後から
大阪府私学教育文化会館での
大阪府私立中・高等学校カウンセリング研究会に、参加。
ボランティアとしてかかわっている学校繋がりで、参加。
二回目なのに
駅から三分くらいなのに
詳しい地図を持っているのに
道に迷う。治らないこの方向音痴(どころの話ではない)
自分で驚く。びっくり

「子どもとこころと学校の現在」を表題に、
大久保クリニックの大久保圭策先生の講演。

以前、シンポジウムでお話を伺って以来
ファンです。
以下、メモ。
濃かった。

****************

あ、告知っぽいことを。

来年2月初旬に大久保先生・大正大学の滝川先生(精神医学)のお二方が
発達障害の支援を考えるシンポジウムを開催するらしいです。
当事者お二人を招いて
「子どもの頃どのような支援が必要だったか」を
子どもの目線から探ることをテーマに。
詳しくは大阪府教育委員会までお問い合わせを、とのこと。

講演メモ

・現在の学校におけるスクールカウンセラーの位置
  他国との違いも含め・理想的なあり方とは
・学校精神保健のためのABCDE
  Assessment→Brace→Constellation→Definition→
  Evaluation→Assesment…
・見立ての上での課題
・こころのありようを決めるもの
・'50〜の不登校研究史の変遷
・地域社会と学校の関係の変化
・現在増加している子どもの精神保健上の問題
・問題をどう理解するか
・シュミレーション社会の発達イメージ
・人の精神構造を左右する二つのS
  SECURITY−SATISFACTION 安心追求と満足追求
・教育改革国民会議(平成12年)の提言
・学習意欲のインセンティブ・ディバイド
・教育−就労のパイプライン
・若者の価値意識の変化
・若者の価値意識の変化がもたらしたもの
・新自由主義の結果、現代の若者は

…トピックだけでこんなに。
頑張ってメモった甲斐アリな1時間半。
盛り沢山。まとめ直さなあかん。
長年気になってた
ひっかかりがちょっと取れた感じ。
光がちらりと見え隠れ。
まだまだすてたもんじゃありません。いろいろ。
やれるこーとは まだあーる と

詳細知りたい方はノート見せます
| 発達障害・不登校・フリーター・ニート | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0)
| - | 00:00 | - | -
COMMENT
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
PROFILE
RECOMMEND
RECOMMEND
grooblue
grooblue (JUGEMレビュー »)
SUPER BUTTER DOG,?,,ĵ
RECOMMEND
RECOMMEND
東京
東京 (JUGEMレビュー »)
サニーデイ・サービス
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LIFE STRIPE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM